スタッフ紹介

室長. 大出 裕己子(保育士)
この四月から長女が高校に、次男が小学校にそれぞれ入学。
慌ただしく毎日が過ぎていっていますが、
にぎやかに楽しく過ごしています。
家族が元気な時は良いのですが、
やはり病気の時は大変な面が多々出てきます。
そんな時
「たんぽぽ(病児保育室)があって良かった」
「たんぽぽ(病児保育室)に行きたい」
と少しでも思って頂けるよう、安心して過ごせる場であるよう、
お手伝いできたらと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。
山崎 紀子(看護師)
・私は事故の無いよういつも心がけます
・皆さまの訴えをよく聞いて、十分な説明を心がけます
・知識と技術の向上に努めます
・スムーズな受診ができるよう心がけます
・気持ちの良い受診を目指し、院内を清潔に保ちます
辺木 奈美(保育士)
体調の悪いお子様が、少しでも安心して楽しい時間が
過ごせるようお手伝いできればと思っております。
日々学ぶことの多い病児保育に、やりがいを感じています。
地元が九州なので、時々方言が出ます。
どうぞ宜しくお願いします。
村上 美奈子(保育士)
2男1女の3人の子育てをやっと一段落。
休日は主人とバスツアーに出掛けたり、
天気の良い日はプードルと玉川上水の遊歩道を散歩し
ベンチに座っておやつの時間をまったりと一緒に過ごしストレス解消しています。
子育て経験を活かし皆様のお役に立てたらと思います。
石神 理恵(保育士)
小学生とそれ以上に甘えん坊のトイプードルの子育てに
日々奮闘しています。
お子様が病気で辛い時、そばで寄り添い安心して
過ごせるよう、お手伝いさせて頂きたいと思います。
また利用したいと思って頂けるよう病児保育に努めますので、
どうぞ宜しくお願い致します。
富岡 智子(保育士)
大学・高校・小学に通う三児の母です。
ご病気やお怪我でご利用されるお子さんが、
ご家庭やいつもの保育園と違うたんぽぽ病児保育室でも、
心身共にゆっくりと休め・安心して養生できる保育看護に努めております。
いざという時にはどうぞご安心してお預けください。
ゆっくり、のんびりと過ごす中で、身体だけでなく
心にも元気をためられるような一日
が過ごせるよう心掛けてまいります。
藤井 富貴子(保育士)
私はまず、「私はフジイと言います、よろしくね」と
子どもに自己紹介をしてから保育に入ります。
すると子供との距離が近くなるように感じます。
お仕事をしていると子どもが病気でもなかなか休めませんね。
そんな時ここが安心して預けられる場でありたいと思っています。
また、お子さんもいつもと違う場所で不安であり緊張しています。
身体の具合に合わせ一日を過ごし、
おうちの延長のようなほっとできる場であるようにと心掛けています。
井上(保育補助)
娘二人と主人との四人家族から夫婦二人。
子育て終了とのんびり過ごす予定でした。が、
人生色々日々バタバタ。
孫は可愛いが子育ては(娘)終わりませんね。
一日が気持ちよく過ごせるように、
不安を和らげられるように声掛けを大切にしながらの
衛生作業と保育のお手伝いをしています。
体調が良くなると明るいその笑顔に癒されます。