室長

大出 裕己子
「来年は皆でお花見に、旅行やお出掛け…いっぱい楽しまなきゃね〜」
と鼻息荒くしていたのは私だけでしょうか…
想像もしていなかった今があります。
ですが、来年成人を迎える長女、甲子園夢見る長男、
いつも笑顔の小5次男の慌ただしくも楽しい子育て、
そして皆様の大切なお子様をお預りできます事に心から感謝し精一杯努めて参ります。
どうぞ宜しくお願いいたします

看護師

渡辺 由紀子
子どもに関わる仕事が出来て嬉しく思っております
大切なお子様の体調の変化を見逃す事なく、回復に向かえるようにサポートさせていただきます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

保育士・保育補助

富岡 智子
月日が過ぎるのは早いもので、今年の6月で勤務してから9年目となります。
我が家の子ども達は4月から新社会人、大学4年生、高校1年生となります。
人生では「まさか!」の連続で家庭内では何とか乗り越えてまいりました。
現在の新型コロナウイルスの影響も世界から個人へと猛威を振るっています。
思わぬ勤務変更、リモートワークへの移行の中、お子様たちの体調が崩れてしまったことはありませんか?
たんぽぽ病児室では、丁寧な玩具などの消毒を行い、感染予防をしておりますので、
どうぞご安心してお子様をお預け下さい。
村上 美奈子
唯一の楽しみのバス旅も自粛中、家にこもる日々が続いていますが アロマで癒されています。 コロナ禍で制限や自粛でままなりませんね。お迎え時にちょっと一息、 ご相談は勿論、楽しかった話などお聞かせください。 どうぞ宜しくお願いします
辺木 奈美
昨年度はコロナウイルスにより趣味のスポーツ観戦や旅行なども自粛が続き、
新しい生活様式の中で何かと戸惑いが多い日々でした。
一日も早く元の日常が戻ってくることを願っています。
体調の悪いお子様が安心してゆったり過ごせるような保育看護を心掛けていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。
石神 理恵
昨年度は新型コロナウイルスにより、様々な事に制限がかかり、我慢の年になってしまいました。
今年度は何とか日常の生活に戻れるよう、心から願っています。
病気のお子様が安心してゆっくり過ごせるように保育看護を心掛け、お手伝いさせて頂けたらと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。
藤田 ひとみ
身体を動かす機会が減り、健康を維持する為に日々ストレッチ等をして
身体のメンテナンスを行いながら過ごしています。
たんぽぽ病児保育室をご利用されるおうちの方やお子様が安心でき、
お子様がゆったりと療養出来るよう
優しく寄り添う保育を心掛けて参りたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。
井上 幸子
夫婦2人に猫さんの家族。娘2人夫婦に孫が一人ずつで女の子です。
週末には孫等が遊びに来てにぎやかでおさんどんに明け暮れます。
平日の静かな時間とのギャップを楽しめる元気に感謝しています。